ランゲージワンは東京都の 医療機関向け救急通訳サービスの提供を開始しました

ランゲージワン株式会社


2017年5月1日 ランゲージワン株式会社は、東京都の「医療機関向け救急通訳サービス」の提供を開始いたしました。

東京都の「医療機関向け救急通訳サービス」は、平日夜間や土日祝日に、日本語を話すことができない外国人患者が東京都の医療機関へ救急で来院した際、医療機関従事者と外国人患者間の、英語・中国語・韓国語・タイ語・スペイン語の5カ国語による電話通訳を提供するサービスです。

【東京都医療機関向け救急通訳サービス概要】(東京都福祉保健局)
  http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/iryo_hoken/gaikokujin/kyukyutsuyaku.html

※本サービスは東京都からの受託事業です(受託期間:平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)
 サービスのご利用は、あらかじめ以下申し込み窓口から東京都に利用登録をおこなった、都内の医療機関が対象となります

【利用登録書提出先および申し込みに関するお問い合わせ窓口(平成29年度)】
  東京都医療機関向け救急通訳サービス事務局(ランゲージワン株式会社内)
  東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
  
  https://www.languageone.qac.jp/medical-tokyo/

【対応言語および対応時間】
  ◆英語・中国語:
   平日   17:00 ~ 翌朝9:00
   土日祝日 9:00 ~ 翌朝9:00
  ◆韓国語・タイ語・スペイン語:
   平日   17:00 ~ 20:00
   土日祝日 9:00 ~ 20:00

【本リリースに関するお問い合わせ】

 ランゲージワン株式会社
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワービル29F
 お問い合わせフォーム:https://www.languageone.qac.jp/contact/

【ランゲージワンからのお知らせ】
平日の昼間など、上記の東京都のサービス提供時間外に救急通訳サービスをご希望の場合は、以下のお問い合わせフォームからランゲージワン株式会社までご相談ください。
  https://www.languageone.qac.jp/contact/
※救急通訳サービスに従事するランゲージワンのオペレーターは、上級救命講習と、厚生労働省が提供している「医療通訳育成カリキュラム」に準拠した医療通訳講座を受講しており、英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・タイ語・スペイン語・ベトナム語・ネパール語・インドネシア語・ロシア語・タガログ語・ヒンディー語・フランス語の13カ国語で対応可能です。

ランゲージワンでは 365日・24時間対応、13ヶ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ロシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語、ネパール語、インドネシア語、フランス語)の多言語コールセンターや、メール翻訳などお役に立つサービスをご用意しております。
※言語によっては対応可能な曜日・時間帯に制限がある場合がございます

外国語のお客さま対応にお悩みの企業・官公庁ご担当者さまはどうぞお気軽に当社お問い合わせフォームからご相談ください。

l1_minilogo