週刊東洋経済(2019年2月23日号)の連載企画「ひと烈風録」にランゲージワンのカブレホス・セサル社員が掲載されました

東洋経済新報社が発行している週刊東洋経済(2019年2月23日号)の連載企画「ひと烈風録」に当社の医療通訳コーディネーター、カブレホス・セサル社員が掲載されました。

『外国人に普通の医療を!コールセンター運営で奮闘』
 医療コーディネーター カブレホス・セサル
 在留外国人は264万人。日本語が不自由な外国人が直面する医療での言葉の壁。コールセンターを立ち上げた日系ペルー人の物語。
 https://premium.toyokeizai.net/articles/-/20004

同記事ではランゲージワンの医療電話通訳コールセンターと、セサル社員の生い立ちや医療通訳にかける想い、医療通訳の現状と課題について紹介されました。

【参考】
 ・週刊東洋経済プラス「ひと烈風録」
  https://premium.toyokeizai.net/category/tkplus_category_galenews

ランゲージワンの電話医療通訳についてのお問い合わせは、以下ページのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
 【ランゲージワン医療電話通訳サービス】
  https://www.languageone.qac.jp/medical/

ランゲージワンは多言語コールセンターサービスの提供を通じて、企業・官公庁のご担当者さまと在日・訪日外国人との外国語でのコミュニケーションの向上をお手伝いしてまいります。

【本リリースに関するお問い合わせ】

 ランゲージワン株式会社
 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
 お問い合わせフォーム:https://www.languageone.qac.jp/contact/


ランゲージワンでは 365日・24時間対応、13ヶ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ロシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語、ネパール語、インドネシア語、フランス語)の多言語コールセンターや、メール翻訳などお役に立つサービスをご用意しております。
※言語によっては対応可能な曜日・時間帯に制限がある場合がございます

l1_minilogo