ランゲージワンは山梨県警察本部の三者電話通訳実証実験に多言語電話通訳サービスを提供いたします

ランゲージワン株式会社


多言語コールセンターサービスを提供するランゲージワン株式会社(代表取締役社長:新井 純一、本社:東京都渋谷区、以下ランゲージワン)は、山梨県警察本部刑事部の三者電話通訳実証実験に多言語電話通訳サービスを提供いたします。

【提供期間】
  ◆2018年8月1日から8月31日までの1ヶ月間

【対応言語および対応時間】
  ◆英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語
   平日・土日祝日 24時間
  ◆タイ語、ベトナム語、ネパール語、タガログ語、インドネシア語、ヒンディー語、フランス語、ロシア語
   平日 09:00 ~ 18:00

山梨県は、東京と大阪を結ぶ訪日外国人の最重要周遊ルートであるゴールデンルート配下にあります。
2013年に富士山が世界遺産に登録されたこともあり、訪日外国人の訪問率、訪問数の数値は高く、またインバウンド宿泊人泊数も上位に属しています。
2017年に県内を訪れた観光客は前年比0.4%増の32,162,000人、外国人延べ宿泊者数は前年比11.8%増の1,533,000人となり、過去最高を記録しました。
 ※参考:平成27年 山梨県観光入込客統計調査報告書

山梨県警察本部刑事部では訪日外国人等急増対策の一環として、語学別部内通訳官の実践的な110番三者通話訓練やロールプレイング方式の訓練を通じ、実務に直結した通訳能力を維持・向上させる取り組みを行っています。
 ※参考:山梨県警察HomePage 山梨県警察本部 > 山梨県公安委員会 > 定例会議開催概要(H290607)

ランゲージワンは、山梨県警察本部の三者電話通訳実証実験のお手伝いとして、13ヶ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ロシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語、ネパール語、インドネシア語、フランス語)の多言語電話通訳サービスを2018年8月1日から8月31日までの1ヶ月間提供いたします。

ランゲージワンの多言語コールセンターは、官公庁や自治体、鉄道会社、医療機関、さまざまな業界の企業さまから高い評価をいただいてまいりました。
 ※参考:ランゲージワン「多言語コールセンター
 
ランゲージワンは引き続き多言語通訳サービスの提供を通じて、官公庁・企業のご担当者さまと在日・訪日外国人との外国語でのコミュニケーション向上をお手伝いしてまいります。 

【本リリースに関するお問い合わせ】

 ランゲージワン株式会社
 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
 お問い合わせフォーム:https://www.languageone.qac.jp/contact/


l1_minilogo