ランゲージワンは 埼玉県保健所のタブレット多言語医療通訳サービスの運用業務を開始いたしました

ランゲージワン株式会社


ランゲージワン株式会社(代表取締役社長:新井 純一、本社:東京都渋谷区、以下ランゲージワン)は、埼玉県が管轄する保健所13箇所にて、医療通訳タブレットを使用した多言語医療通訳サービスの運用業務を開始いたしました。

※本業務は埼玉県がコニカミノルタ株式会社へ委託し、ランゲージワン株式会社が再委託を受けて 2018年8月1日より正式運用を開始したものです
ランゲージワン医療通訳タブレット多言語通訳サービス
【タブレット多言語医療通訳サービスの概要】
日本語でのコミュニケーションが困難な外国人患者と保健師との間に、ランゲージワンの通訳オペレーターが医療通訳タブレット端末を通じて医療通訳を提供します。

【対応言語および対応時間】8ヶ国語
  ◆英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語
   全日 8時30分から21時まで
  ◆ベトナム語、タイ語、タガログ語
   平日 9時から18時まで

日本政府観光局の推計によると、2018年5月の訪日外客数は前年同月比16.6%増の267万5千人で5月として過去最高数を記録し、訪日外国人観光市場は堅調に成長しています。
埼玉県では2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックに向けて在日・訪日外国人のさらなる増加を見越し、外国語への円滑な対応ができるよう取り組みを行っており、今回の埼玉県管轄保健所へのタブレット多言語医療通訳サービス導入はその一環となります。

【タブレット多言語医療通訳サービスの特徴】
・タブレットを起動するだけで即座に通訳者が応答いたします
・通信環境さえあれば、患者宅や病院、保健所等どこでも利用できます
・画面に通訳スタッフが映し出され、表情をみながら通訳するため、お互いに理解状況を確認しながら通訳を進めることが可能です
・母国語でのコミュニケーションにより信頼関係が構築され、その後の手続きや面談をスムーズに行なえます
・医療通訳に特化しているため、専門的な医療用語でも的確に通訳が可能です
・日本の複雑な保険制度や公的医療費助成制度などを噛み砕いて説明できます
・医療スタッフおよび外国人患者さまのやり取りについては、守秘義務順守の為に徹底的な管理体制をご用意しています
・医療通訳サービスに従事するランゲージワンのオペレーターは、上級救命講習と、厚生労働省が提供している「医療通訳育成カリキュラム」に準拠した医療通訳講座を受講しています

【参考】
 ◆埼玉県 県政ニュース(報道発表資料)
  「タブレット多言語医療通訳サービスを保健所に導入! 外国語対応の飛躍的向上を図るため」
   https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2018/0727-05.html
 ◆コニカミノルタ株式会社
  「医療機関向けコミュニケーション支援サービス MELON」
   https://www.konicaminolta.jp/melon/

ランゲージワンの多言語コールセンターは、医療以外の分野でも
・安心のセキュリティ
・高い業務品質
・豊富な経験と実績
 により国内の企業・官公庁から高い評価をいただいています。

ランゲージワンは、多言語コールセンターサービスの提供を通じて、企業・官公庁のご担当者さまと在日・訪日外国人との外国語でのコミュニケーションの向上を引き続きお手伝いしてまいります。

【本リリースに関するお問い合わせ】

 ランゲージワン株式会社
 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
 お問い合わせフォーム:https://www.languageone.qac.jp/contact/


ランゲージワンでは 365日・24時間対応、13ヶ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ロシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語、ネパール語、インドネシア語、フランス語)の多言語コールセンターや、メール翻訳などお役に立つサービスをご用意しております。
※言語によっては対応可能な曜日・時間帯に制限がある場合がございます
l1_minilogo