公益財団法人 兵庫県国際交流協会で ランゲージワンのカブレホス・セサル社員が「多文化共生社会づくり」をテーマに講演いたしました

 ランゲージワンのカブレホス・セサル社員が、公益財団法人 兵庫県国際交流協会(※1)の「ひょうご国際交流団体連絡協議会」(※2)にて多文化共生社会づくりをテーマに講演いたしました。

 テーマ:『多文化共生社会づくり』
  日時:2020年 9月29日(火)13:30~15:00
  場所:Zoom Web会議システムによる遠隔オンライン講演
  主催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際交流団体連絡協議会

公益財団法人 兵庫県国際交流協会で ランゲージワンのカブレホス・セサル社員が「多文化共生社会づくり」をテーマに講演いたしました 公益財団法人 兵庫県国際交流協会で ランゲージワンのカブレホス・セサル社員が「多文化共生社会づくり」をテーマに講演いたしました

 兵庫県にはおよそ11万6千人の外国人県民が暮らしており、その国籍は157ヶ国に及びます。
 兵庫県国際交流協会は、外国人県民が安全で安心に暮らせる社会づくりと国際交流、国際会議の開催、県民の国際理解の促進、国際社会を担う次代の国内外人材育成を通じて、多文化共生社会の実現に取り組んでいる公益財団法人です。

 同協会が運営する「ひょうご国際交流団体連絡協議会」は、兵庫県内の国際交流団体などが有するノウハウや情報を共有して有効活用を図るとともに、ネットワークの構築で団体相互の連携を促進し、兵庫県における国際交流の充実・発展を目指しています。
 今回の講演会は、兵庫県内の市町国際交流協会関係者などを対象に、文化や言語・生活習慣の違いなどを認め合い互いに尊重し合う多文化共生社会づくりをテーマに、Zoom Web会議システムによる遠隔オンライン講演にて開催となりました。

 カブレホス・セサル社員は今回の講演で、自身の生い立ちやランゲージワンが官公庁・自治体に提供している「多言語通訳ソリューションサービス」(※3)で培った経験をもとに、多文化共生社会づくりを目指す上で課題となる外国人とのコミュニケーションにおける留意点や、求められる支援体制などについて講演いたしました。

【参考】
 ※1 公益財団法人 兵庫県国際交流協会
   https://www.hyogo-ip.or.jp/index.html
 ※2 ひょうご国際交流団体連絡協議会
   https://www.hyogo-ip.or.jp/hcia/index.html
 ※3「ランゲージワン多言語ソリューションサービス」
   https://www.languageone.qac.jp/solution/

【本リリースに関するお問い合わせ】

 ランゲージワン株式会社
 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
 お問い合わせフォーム:https://www.languageone.qac.jp/contact/


ランゲージワンの多言語コールセンターは
・安心のセキュリティ
・高い業務品質
・豊富な経験と実績
 により高い評価をいただいています。

 引き続きランゲージワンは、多言語コールセンターサービスの提供を通じて、官公庁・自治体・法人・医療機関・教育機関などのご担当者さまと在日・訪日外国人との外国語でのコミュニケーション向上をお手伝いしてまいります。
l1_minilogo