ランゲージワンは日本ATMと提携し、金融市場に向けた多言語対応サービスを提供いたします

ランゲージワン株式会社
日本ATM株式会社


~日本ATMと提携し金融市場に向けた多言語対応サービスを提供~


ランゲージワン株式会社(代表取締役社長:小山琢、本社:東京都渋谷区、以下ランゲージワン)と、日本ATM株式会社(代表取締役社長:中野裕、本社:東京都港区、以下日本ATM)は、金融市場に向けた多言語対応サービスの提供を目的に業務提携することで合意し、あわせて日本ATMは、ランゲージワンが第三者割当増資により発行する株式を引き受けました。


日本ATMグループでは、ATMオペレーションセンター(コールセンター)への外国人のお客さまからの入電に対応すべく、2014年10月より、ランゲージワンと連携して「三者間通話の仕組みを活用した多言語対応サービス」を開始し、現在では8行の銀行の2万台以上のATMなどに、24時間365日サービスを提供しています。


2020年の東京オリンピックに向けた外国人観光客の増加などインバウンド需要の高まりに伴い、国内における多言語対応サービス・サポートの必要性が増しています。 全国の金融機関においても、海外発行カードでのATM払出しや外貨両替、さらには海外送金など多言語対応サービスのさらなる充実が求められます。

こういった中、高品質な多言語コンタクトセンターを運営するランゲージワンと、ATM監視・運用アウトソーシングで圧倒的なシェアを持つ日本ATMグループが協業することで、金融機関の外国人対応を支援する、高品質な多言語対応サービスを提供してまいります。


ランゲージワンと日本ATMグループは、今後も外国人観光客や在日外国人のサポートに対するニーズに応えるため、連携し新しいソリューションを創造してまいります。


【金融市場に向けた多言語対応サービス内容】

●サポート言語:7カ国語

 ・24時間365日対応:英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語

 ・9時~18時(休日・祝日除く)対応:タイ語、ロシア語

●提供サービス

 1.ATM備付のインターフォンでのお問い合わせ対応

 ※外国人のお客さまからの入電時に、ランゲージワンの通訳オペレータと接続し、三者間通話により対応します。(図参照)

 2.インターネットバンキングのヘルプデスク

 3.金融機関の店舗および支店窓口での通訳サービス  など


<サービスイメージ>三者間通話の仕組みを利用した多言語対応サービス
*本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

【本リリースに関するお問い合わせ】

 ランゲージワン株式会社
 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
 お問い合わせフォーム:https://www.languageone.qac.jp/contact/


l1_minilogo