厚生労働省が電話医療通訳 利用促進事業実施団体の公募を開始しました

ランゲージワン株式会社


2018年4月10日、厚生労働省は、複数の医療機関から構成される法人、複数の医療機関を運営する地方公共団体、病院団体、医師会等を対象に、電話医療通訳の利用促進事業実施団体の公募を開始いたしました。

「平成30年度団体契約を通じた電話医療通訳の利用促進事業実施団体の公募について」
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000202921.html
※公募期間 2018年4月10日(火)から2018年4月24日(火)18時(必着)

今回の公募で選定された電話医療通訳の利用促進事業実施団体に対しては、事業の実施に要する費用(電話医療通訳事業者への業務委託費など)の半額が厚生労働省から補助金として支給されます。

公募内容の詳細については厚生労働省 Webサイト
「平成 30 年度 団体契約を通じた電話医療通訳の利用促進事業実施者 公募要領」
 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000202920.pdf
をご確認下さい。

同事業への公募に必要な、電話医療通訳事業者との団体契約についてご検討中の医療機関のご担当者さまは、以下ページのお問い合わせフォームからランゲージワンまでお気軽にご相談ください。

【ランゲージワン医療電話通訳サービス】
 https://www.languageone.qac.jp/medical/
※ランゲージワンは、厚生労働省『平成29年度 医療機関における外国人患者受入れ環境整備事業』の電話医療通訳サービス利用支援間接補助事業者です。


ランゲージワンは、多言語コールセンターサービスの提供を通じて、企業・官公庁のご担当者さまと在日・訪日外国人との外国語でのコミュニケーションの向上を引き続きお手伝いしてまいります。

【本リリースに関するお問い合わせ】

 ランゲージワン株式会社
 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
 お問い合わせフォーム:https://www.languageone.qac.jp/contact/


ランゲージワンでは 365日・24時間対応、13ヶ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ロシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語、ネパール語、インドネシア語、フランス語)の多言語コールセンターや、メール翻訳などお役に立つサービスをご用意しております。
※言語によっては対応可能な曜日・時間帯に制限がある場合がございます

外国語のお客さま対応にお悩みの企業・官公庁ご担当者さまはどうぞお気軽に当社お問い合わせフォームからご相談ください。

l1_minilogo