ランゲージワンは 内閣府 沖縄総合事務局の「訪日外国人向け緊急医療対策のための多言語及びキャッシュレス対応のための実証事業」を受託いたしました

ランゲージワン株式会社


ランゲージワン株式会社は平成30年9月7日、内閣府 沖縄総合事務局の『平成30年度「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業(実証事業分)」訪日外国人向け緊急医療対策のための多言語及びキャッシュレス対応のための実証事業』を受託いたしました。

「訪日外国人向け緊急医療対策のための多言語及びキャッシュレス対応のための実証事業」は、内閣府 沖縄総合事務局が、沖縄県内の医療機関に通信・通話が可能なタブレット端末を導入し、多言語対応及び海外で使用されている決済手段(モバイル決済)を実証的に実施してその効果検証を図る目的の事業です。

沖縄県を訪れる外国人旅行者は年々増加しており、平成29年の入域観光客は前年比 9.1%増の939万6,200人となり、5年連続で過去最高を記録しています。
それに伴い滞在中の外国人旅行者の急患対応も増加しており、沖縄県内の医療機関においては、医療通訳の不足や医療費の未収金の問題が顕在化しています。

ランゲージワンは 24時間365日稼働の多言語コールセンターと、医療電話通訳サービスタブレット多言語医療通訳サービスで培ったノウハウで、沖縄総合事務局の外国人観光客受け入れ体制の強化とモバイル決済の効果検証に貢献いたします。

【参考】
 ◆「ランゲージワン多言語コールセンター」
   https://www.languageone.qac.jp/callcenter/
 ◆「ランゲージワン医療電話通訳サービス」
   https://www.languageone.qac.jp/medical/
 ◆「埼玉県保健所タブレット多言語医療通訳サービス」
   https://www.languageone.qac.jp/20180823news/

ランゲージワンの多言語コールセンターは、医療以外の分野でも
・安心のセキュリティ
・高い業務品質
・豊富な経験と実績
 により国内の企業・官公庁から高い評価をいただいています。

ランゲージワンは、多言語コールセンターサービスの提供を通じて、企業・官公庁のご担当者さまと在日・訪日外国人との外国語でのコミュニケーションの向上を引き続きお手伝いしてまいります。

【本リリースに関するお問い合わせ】

 ランゲージワン株式会社
 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
 お問い合わせフォーム:https://www.languageone.qac.jp/contact/


ランゲージワンでは 365日・24時間対応、13ヶ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ロシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語、ネパール語、インドネシア語、フランス語)の多言語コールセンターや、メール翻訳などお役に立つサービスをご用意しております。
※言語によっては対応可能な曜日・時間帯に制限がある場合がございます
l1_minilogo